神と自然の景観論 - 野本寛一

野本寛一 神と自然の景観論

Add: qaxusyk53 - Date: 2020-11-25 19:48:26 - Views: 4235 - Clicks: 9130

神と自然の景観論 信仰環境を読む / 野本寛一 著 - 講談社. 神と自然の景観論 信仰環境を読む (講談社学術文庫)/野本 寛一(文庫:講談社学術文庫) - 〔「神々の風景」(白水社 1990年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】日本人はどこに神を感じ 何に祈るのか日本人は何に神聖感を抱きいかなる. 2.山口県地名総覧と被差別部落2.野本民俗学から見た「地名」最近、筆者のこころを惹きつけてやまない1冊の文庫本があります。その本というのは、野本寛一著『神と自然の景観論』(講談社学術文庫)です。野本寛一によると、「民俗学の主要課題の一つ」に「人は環境といかにかかわって. 野本寛一『神と自然の景観論』についての記事を本館に移しました。 kandliterature. 神と自然の景観論: 著者名: 著:野本 寛一: 発売日: 年07月10日: 価格: 定価 : 本体1,030円(税別) isbn:: 通巻番号: 1769: 判型: a6: ページ数: 296ページ: シリーズ: 講談社学術文庫: 初出 『神々の風景ー信仰環境論の試み』と題して1990年11月、白水社.

野本 寛一 | 年07月10日頃発売 | 日本人はどこに神を感じ 何に祈るのか日本人は何に神聖感を抱きいかなる景観の中に神を見たのか。噴火する山、揺らぐ大地、暴れる水は畏怖の対象であり、岬・先島は常世への通路、磐座(いわくら)は神霊の核であった。また洞窟・淵・滝・立神などの. 日本の神社の神木としては、おそらく杉が最も多いかもしれない。杉は古社の神木として仰がれるのみならず、山の神や峠の神の座として拝されるものもじつに多い。異様な枝ぶりの樹木に特別敏感なのは樹木を伐採搬出する山林労務に. 神と自然の景観論 : 信仰環境を読む フォーマット: 図書 責任表示: 野本寛一 著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 講談社,. 野本寛一 ノモト. 神と自然の景観論 信仰環境を読む - 野本寛一/〔著〕 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 「神と自然の景観論 信仰環境を読む/野本寛一」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルがお届けする通販サイト. 野本 寛一(のもと かんいち、1937年 2月14日 - )は、日本の民俗学者。 近畿大学名誉教授。環境民俗学専攻。フィールドワーク重視の研究手法に忠実なことで知られる 要出典 。. 神と自然の景観論 野本寛一: 石にやどるもの 中沢 厚: 石の宗教 五来 重: 日本石巡礼 須田郡司.

『神と自然の景観論 信仰環境を読む (講談社学術文庫)』(野本寛一) のみんなのレビュー・感想ページです(4レビュー)。作品紹介・あらすじ:日本人は何に神聖感を抱きいかなる景観の中に神を見たのか。. 商品レビュー 0. 商品について・本商品は店頭と併売になっており、入札以前に商品が販売されてしまう可能性が御座います状態ランクについてこの商品の状態ランクは、A 中古品としては良好な状態の商品です。当店の状態ランクの意味は、初めての方へ、をご確認ください。送料全国一律200円です。※配送. 0 レビュー数 0. 神と自然の景観論 : 信仰環境を読む 野本寛一 著 (講談社学術文庫, 1769) 講談社,. abjマークは、当サイトの電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第10371006号)です。.

神と自然の景観論―信仰環境を読む. 日本人は何に神聖感を抱きいかなる景観の中に神を見たのか。噴火する山、揺らぐ大地、. 神と自然の景観論 信仰環境を読む 野本 寛一 都市に住んでいるとわからないが、山に登ってみるといろいろなものが祭られていることに気づく。人がほとんど通らない山の中に祠が祭られていたり、地蔵がすえおかれていたり、岩や木々、滝などが神として. 野本寛一先生の『神と自然の景観論』に画像を添えて、勝手な感想を書くという、野本先生には迷惑な? シリーズです。 この本の36ページに、「熊野川の河口閉塞と熊野阿須賀神社」という項目があります。.

Amazonで野本 寛一の神と自然の景観論 信仰環境を読む (講談社学術文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。野本 寛一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 神と自然の景観論の本の通販、野本寛一の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで神と自然の景観論を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは文庫の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 神と自然の景観論 : 信仰環境を読む. 『野本寛一著作集 2 (山地母源論 2(マスの溯上を追って))』岩田書院 『地霊の復権 自然と結ぶ民俗をさぐる』岩波書店 『自然と共に生きる作法 水窪からの発信』静岡新聞社 『自然災害と民俗』森話社. 野本 寛一『神と自然の景観論 信仰環境を読む』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約19件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. Pontaポイント使えます! | 神と自然の景観論 信仰環境を読む 講談社学術文庫 | 野本寛一 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 「神々の風景」は総じて変貌が著しい。それは衰微・荒廃してきているといって間違いない。その変貌と衰微は日本人の「神」の衰微であり、日本人の「心」の反映にほかならない。すべての環境問題の起点はここにある。自然のなかに神を見、その自然と謙虚に対座し、自然の恵みに感謝する.

神と自然の景観論 信仰環境を読む 野本寛一 商品説明 神と自然の景観論 信仰環境を読む 野本寛一 文庫: 296ページ 出版社: 講談社 定価: 1000円+税 発売日:/07/10 状態: 細かな傷、汚れ等がありますが、読むには問題ございません。. 野本 寛一(のもと かんいち、1937年 2月14日 - )は、日本の民俗学者。 近畿大学名誉教授。 環境民俗学専攻。 フィールドワーク重視の研究手法に忠実なことで知られる 要出典 。. 日本人は何に神聖感を抱きいかなる景観の中に神を見たのか。.

〒静岡県静岡市葵区両替町 1-1-5 TEL:FAX:静岡県公安委員会許可静中第49114a000010号. 野本寛一『神と自然の景観論』 旅行に持っていった本です。まあ読み終わったのは帰ってきてからでしたが。 基本的には聖地論だと思います。水に囲まれた聖地は三輪=水輪であるとか、二つ峯=双子. 日本人は何に神聖感を抱きいかなる景観の中に神を見たのか。噴火する山、揺らぐ大地、暴れる水は畏怖の対象であり、岬・先島は常世への通路、磐座は神霊の核であった。また洞窟・淵・滝・立神などの自然地形に秘められた神意、松・杉・椎・タブなどの巨樹に蔵された侵すべからざる威力. 野本, 寛一(1937-) 神と自然の景観論 - 野本寛一 シリーズ名: 講談社学術文庫 ; 1769 書誌id:. それは人々を吸引し、時に厳しく拒む神の座なのである。古代人は、土くさいが汚れのない臭覚で風景の核をとらえて、そこに神を見た。 (野本寛一『神と自然の景観論 信仰環境を読む 』講談社学術文庫、121~122頁より引用) 和歌山県. 野本寛一著「神と自然の景観論」 本書は、古代から現代に至る日本人が自然景観のどこに霊性を認め、敬神尊仏の念を抱くに至ったかを考察しています。. その中で、野本寛一氏の業績に触れる部分があり、私も何か著作を読んでみたいと思い手にしたのが「神と自然の景観論」です。 因みに、野本寛一氏は、藤枝東高校出身で、また一時期は同校の教員もされていた方で、平成27年には文化功労者の栄誉を受け.

jp 「神々の風景」は総じて変貌が著しい。それは衰微・荒廃してきているといって間違いない。その変貌と衰微は日本人の「神」の衰微であり、日本人の「心」の反映にほかならない。すべての環境問題の. 神と自然の景観論―信仰環境を読む(講談社学術文庫) 文庫の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 7 形態: 289p ; 15cm 著者名: 野本, 寛一(1937-) シリーズ名: 講談社学術文庫 ; 1769 書誌id: baisbn:. 野本寛一先生は、『神と自然の景観論』の第三章「聖樹の風景と伝承」で、奈良の春日大社の「影向の松」についてこう書かれています。 毎年12月17日の春日若宮御祭りに際して、この松の下で「松の下の儀」が行われている。.

神と自然の景観論 - 野本寛一

email: jaroju@gmail.com - phone:(696) 383-2655 x 6460

知能キッズ 知研式知能教育プログラム DVDで楽しくIQトレーニング - 小松左京 気球に乗った異端者

-> イタリア・ファシズムの芸術政治 - 鯖江秀樹
-> 地域の力を引き出す企業 - 細谷祐二

神と自然の景観論 - 野本寛一 - からたちの花 遊び足りない男声合唱団のための 難しいコーラス


Sitemap 1

江戸の十二支+αどうぶつえん - 安村敏信 - 晩年の世界 松崎欣一 杉田玄白